Home>イチオシ情報>眼科医もすすめる!目に良い栄養素ってなに?

あなたの目は輝いている?

視力検査

鏡の中のあなたの目はどうですか?クマができていたり充血してはいませんか?そんな目をしていたら疲れ目の証拠です!今すぐ疲れ目対策をしましょう!

目の疲れに効く食べ物トップ3

no.1

ブロッコリー

ブロッコリーはルテインやビタミンAやビタミンCといった目の疲れに良い栄養がたくさん含まれています。栄養価も高いのでブロッコリーが堂々の第1位です!

no.2

ブルーベリー

やはりブルーベリーは強いです!疲れ目にも効きますし視力低下予防にも一役買ってくれる優れた食べ物です。

no.3

にんじん

にんじんはビタミンAが豊富に含まれていますので、目の健康には欠かせない栄養素の1つです。目を綺麗にしてくれますから積極的に取り入れたいですよね。

眼科医もすすめる!目に良い栄養素ってなに?

目を守るために欠かせない成分とは?

目を健康に保つために必要な栄養素は、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンCです。これは大宮の眼科医も提唱していて、疲れ目の方には是非積極的に取り入れてほしいです。ビタミンAは主にブロッコリー、にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。ビタミンAは、油と一緒に取り入れるとより吸収されやすいので炒め物やサラダとしていただきましょう。ビタミンBは主に卵黄、納豆やうなぎ、豚肉や豆腐などに含まれてます。ビタミンCは、ブロッコリー、サツマイモやいちご、みかんなどに多く含まれています。ビタミンCはフルーツにも多く含まれていますから普段から取り入れやすいのではないでしょうか。

効率よく摂取

目に良い栄養素は効率よく摂取していきましょう。目の疲れに効くビタミンCは、水に溶けやすく熱に弱いとい特徴があります。ですから、サラダやジュースにして取り入れていきましょう。その際に気をつけたいのが食べ合わせです。食べ合わせでビタミンCが破壊されてしまうことがあります。にんじんやきゅうり、りんごやバナナはその働きを持っていますから、ビタミンCを摂りたい時は組み合わせにも気をつけましょう。また、ピーマンやゴーヤーは熱にも強いので炒め物やてんぷらなどに取り入れても良いですよ。

広告募集中